中村しゅんすけのメッセージ

2011年(平成23年)、長崎市議会議員に当選させていただいて以来、「夢をカタチにできる街」「生まれたことを誇れる街」実現のため、長崎市が抱える様々な問題の改善・解決に挑み続けています。

長崎市の重要な基幹産業(造船・水産・観光)は昨今、常に変化・進化し続ける社会情勢の影響を受け、以前の勢いを失いつつあります。そこで長崎市はその打開策として”国内外からの観光客拡大”を重点政策に位置づけ、様々な取り組みを進めています。しかし、私は”実際に長崎市に暮らし長崎市を支えている市民の生活を充実させる施策”をもっと加速させていく時期でもあると強く感じています。

人口減少対策として、「子育て環境の充実」や「若い世代の地元定着」など、安心安全対策としては、様々な災害に対する「防災性の強化」や「医療・介護・福祉連携型の支援体制の整備」など、経済対策としては、海外留学の経験や専門知識のある方々と”次世代を担う子供たち”の教育環境へも繋げられる「グローバル化・ICT化」など、近い将来も見据えた提言をおこなっていきます。

長崎市議会議員3期目への挑戦となりますが、初心を忘れず2期8年の経験・実績を活かし、更に市民の皆さんのお役に立てるよう頑張ります!
中村俊介